実際に、子供に必要な栄養ってどのくらい?身長サプリって必要なの?

子供の成長に必要な栄養は、具体的にどのくらいなのでしょうか?
また、それらの栄養を食事でとるとすると、どのような食材をどれくらい食べなければならないのでしょうか?

小学生、中学生、高校生別に男の子の場合について調べてみました。

栄養小学生中学生高校生
タンパク質35g60g65g
ビタミンA450μg550μg650μg
ビタミンB10.7mg1.2mg1.3mg
ビタミンB20.9mg1.3mg1.4mg
ビタミンB60.7mg1.2mg1.2mg
ビタミンB121.3μg1.9μg2.1μg
ビタミンC45mg80mg85mg
ビタミンD3μg5.5μg6.0μg
カルシウム600mg1000mg800mg
マグネシウム130mg290mg360mg
亜鉛5mg9mg10mg
鉄分4.5mg8.5mg8.0mg

と、数字だけを書いてもあまり実感出来ないですよね(^^;)

そこで、小学生の場合について、実際の食材に置き換えてみますね

カルシウム


カルシウムを600mgを摂取するには、牛乳を約700mlを飲まなくてはなりません。
牛乳パックの半分以上を毎日飲み続けなければならないことになります。
カルシウムを多く含む料理

ビタミンD


ビタミンDは、3μgとごくわずかな量だと思われるかも知れませんが、3μgのビタミンDを摂取するには、サーロインステーキ300g食べなくてはなりません。
これは、通常の量のステーキで2枚に相当します。

鉄分


4.5mgの鉄分を摂取するには、油揚げ3枚、もしくは牛ひき肉200g(これはハンバーグにすると2つ分に相当します。)を食べなくてはなりません。
鉄分を多く含む料理

ビタミンC


45mgのビタミンCをとるにはイチゴ10個食べなくてはなりません。

ビタミンB1


0.7mgのビタミンB1は鮭の切り身で3枚に相当します。

ビタミンB6


0.7mgのビタミンB6は鳥ひき肉100g(これは、つくね3本に相当します。)食べなくてはなりません。

ビタミンE


5gのビタミンEはうなぎのかば焼き1切れに相当します。

ビタミンB12


1.3μgのビタミンB12はヒラメ1切れに相当します。

ビタミンA


450μgのビタミンAはほうれん草で半束に相当します。

アルギニン


4gのアルギニンは納豆で10パックに相当します。
アルギニンを多く含む料理

亜鉛


5mgの亜鉛は卵黄で6個に相当します。

このように、栄養素の量は、μgやmgと少ないので、簡単に摂取出来ると思われるかも知れませんが、実際にそれに相当する栄養を摂るには、こんなにたくさんの食材を食べなくてはなりません

お誕生日会のごちそうならともかく、通常の食事ではとても食べきれる量ではありませんよね。。。
しかも、これを料理する手間を考えると。。。

それに加えて、これだけの量を食べるとすると、カロリーも気になりますよね。
確実に肥満になっちゃいます

食費を考えても頭が痛くなりますね。。。

小学生の男の子に必要な栄養でこの量です。
これが中学生、高校生になると考えると、気が遠くなっちゃいます。

また、先に挙げた食材の例は、その栄養素を多く含む食材で換算していましたが、実際には、通常の料理に使うお野菜やお魚、お肉でまかなうことになり、その量はさらに増えてしまいます。

そう思って、毎日の食事の内容や量を思い返してみて下さい。
子供に必要な栄養がかなり不足していると感じませんか?

そう考えて、背が伸びるサプリに含まれる栄養をチェックしてみると、これらの栄養素をかなりの部分含んでいる事が分かると思います。

お手軽に子供の成長に必要な栄養素が摂れて、しかもカロリーも気にしなくて良い。

背が伸びるサプリは、お子様にとっての救世主と同時に、ママさんにとっても救世主だと思われませんか?
迷ったら、当サイト一押しサプリはこちら!

身長サプリランキング